電子記録を残す

録音された会議の内容はテープやICレコーダー上にデータとして存在されますが、それを更に文字にする作業がテープ起こしです。テープ起こしという言葉そのものは、一般的には聞き覚えのないような言葉かもしれませんが、業界では非常に知名度の高い言葉です。 テープ起こしは、企業にとっては非常に大切な事務の一つです。最近では、自社でテープ起こし作業をせずに、外部に作業を依頼するアウトソーシングという形が通常となってきています。テープ起こしをアウトソーシングすることで、自社の業務効率を更に上げる事が期待できます。

テープ起こしをアウトソーシングする企業は、年々増加傾向にあります。テープ起こしというアルバイトがかなり多く募集されていることがその需要の多さを裏付けています。テープ起こし作業については、難しい作業ではありません。録音されたデータをワード等のソフトで文字を入力するだけの作業です。中には非常に専門的な会議や聞き取りができない場合もありますが、マニュアル等を参考にして対応することができます。 会議録を文字にすることで、多くの方が会議録を目で確認することが可能となります。今まで利用したことのない事業者や企業でも導入されるようになってきています。数年前よりも非常に認知度の上がったきたテープ起こし作業は、今後も多くの企業で利用されていくことでしょう。